前へ
次へ

駅に近い賃貸マンション

部屋を借りて生活をする場合、賃貸マンションを選ぶのも選択の一つです。なお、賃貸マンションを選択するの

more

賃貸マンションは、間取りを重視しよう

賃貸マンションで一人暮らしを始める場合には、いくつかの注意点があります。それはその立地であったり環境

more

賃貸マンションの入居審査とクレジットカード

賃貸マンションに住みたいなら、入居審査も受ける必要があります。審査では、保証人が重視されるケースも多

more

賃貸マンションが人気取りしている訳

1995年以降、首都圏では都心立地の賃貸マンションが増えています。今は、オートロックや宅配ボックスも一般化していますが、防犯対策はこの築年数以降のマンションから増えています。柱や梁の少ない工法が採用されていて、リビングの天井高は2.4mが増加していますから、外国人からも人気になっています。特に、基本性能や居住性で賃貸物件を探しているのならば、マンションブームとなり、進化していく1995年〜2000年に建てられている物件を見学してみてもいいでしょう。特に3LDKのマンションが当時人気取りしていたので、リビングや収納、水回まわりなどのスペースが広めに取られています。子供1人〜2人程度での賃貸住まいにも向いているでしょう。また、購入するワケではなく借りるのだから、冒険したい人もいるでしょう。気に入らないなら、引っ越すことも容易いものです。例えば、賃貸マンションでもラグジュアリーをコンセプトに誕生させているタイプがあります。1988年以降となるバブル時代のもので、外観やエントランスに天然大理石を使い、都心部では高級仕様として売れたタイプが今賃貸向けに生まれ変わっています。ちなみに、ファミリータイプは価格高騰の影響を受けていて、郊外に大量供給されていた時代建築ですから、ファミリー世帯で、手頃な家賃で高級仕様のマンションを借りるならば、ドーナツ圏で探してみれば条件に近い物件が見つかりやすいようです。もっとも、手頃な家賃で探しているのならば、建築戸数が減っている時代のマンションを避けるべきで、バブル後を指しているのは理解できるのではないでしょうか。一般に、住宅の質を理解できないからこそ、わざわざ購入して失敗しない賃貸暮らしをするワケです。共通のルールを明示した住宅性能表示制度や、欠陥に対して10年間の瑕疵担保責任の義務化がなされていますが、基本性能があがっていても高額となる買い物にはすんなり手が出ません。安心感を得られるのは、やはり注文住宅というように、自分で一から建てることで得られるでしょう。管理状態や、建物の傷み具合などの最低限のチェックがされている賃貸マンションは、メンテナンスを煩わしく感じる人から人気取りするのは当然なのかもしれません。

".file_get_contents('http://links-001.com/kanren3set.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

Page Top